• HOME
  • 記事一覧
  • エッセイ
  • トヨタ自動車よ、どうか気づいてくれ。エスティマやプリウスが売れないのは「涙目のデザイン」だからだ。

トヨタ自動車よ、どうか気づいてくれ。エスティマやプリウスが売れないのは「涙目のデザイン」だからだ。

エッセイ

2019年1月のアメリカ市場で最も売れた車メーカーが「ホンダ」である。日本車が海外で売れトップを飾ることは大変嬉しいことである。
しかし、いちトヨタファンとして「トヨタは何をしてるのだ?」という気持ちが実は私にはあった。

近年のトヨタ車のデザインがひどい。

あまり悪く言いたくはないのだが、やはり素人目から見ても「ダサい」。売れているアルファードやノアといった車種はもちろんいいデザインに仕上がっていると思う。しかしエスティマやプリウスはどうだろうか。
トヨタに頑張ってほしい私としては非常に残念なデザインである。これはデザイナーの失敗といっても良いのではないだろうか。エスティマに関していえば、フロントグリルのデザインが「間抜け」な感じになってしまっている。
私は2代目エスティマを愛用しているが、ここまでのデザインは素晴らしく気持ちが良いものだった。エスティマはワンボックスとステーションワゴンの間に位置する車種で、比較的低重心でありながら広い車内空間を有しているため快適性に優れていると10年以上前にはもてはやされた車種だ。その後アルファード/ヴェルファイアにその座を譲るのだが、それでも無駄に広すぎない車内空間が人気で売れ筋車種のひとつであった。

しかし、現在のデザインに変わってからほとんど売れていないということは、世間を走っていてもこの3代目エスティマとすれ違う回数が少ないことでもお分かりいただけるだろう。
もはや室内空間や乗り心地だけでは売れないのである。最重要項目はデザインなのだ。

日産セレナが売れる理由

日産のセレナが売れているという話をちらちら耳にする。知り合いもNOAH/BOXYと悩んでセレナにした。
主婦目線ではセレナのデザインがよいのだそうだ。優しいラインが主婦層に受け人気となった。ただおそらくトヨタはノア/ボクシー/エスクワイアの3車種に分けてしまったことでセレナに抜かれたのだろうと推測する。
男性目線からではノア/ボクシー/エスクワイアであるが、デザイン好きには少し高いがアルファードに手を出すのだろう。しかしヴェルファイアにはあまり目を向けなくなった。これについてもトヨタは気づいているのだろうか。。。デザインである。初代ヴェルファイアは傑作と言えるデザインであった。しかし2代目はどうだろう。好きな方も多いとは思うが、少々取ってつけたデザインになってしまった感がないだろうか。やんちゃな若者が好むデザインではあるが、やんちゃな若者が手を出すには少々高い。そして今の時代はやんちゃ(ワル)よりもリッチ感の方が好まれるのだ。

プリウスはなぜあのデザインでGOを出したのか

プリウスのデザインは欠点がいくつもある。とにかくバランスが悪いのだ。カスタマイズしてもボンネットのあのV字くぼみは消すことができない。なぜあの微妙なくぼみを作ってしまったのか。
また、プリウスやエスティマなど販売台数が激減している車種のほとんどは「涙目」のデザインである。トヨタはなぜかこの「涙目」デザインを取り入れたがるが、見事にユーザーの心をスカッている。とにかく「ダサい」のだ。
海外においては涙目のようにマイナスイメージの強いデザインはウケないのだろう。プリウスが海外でも不評な理由は個々にもあるのではないだろうか。いち早くこのダサいデザインの失敗に気づき世界ナンバーワンを目指していただきたい。

シエンタが人気な理由

涙目で唯一バランスが取れていて成功している車種がある。シエンタである。
このシエンタがなぜ成功しているのか、トヨタはどのように考えているのだろうか。このシエンタは比較的低価格な車種で特にデザインにこだわりを持たない主婦の方や、近所だけ乗り回す老人層に人気である。
若い主婦層に関していえば、実は私の近所では保育園の送り迎えにシエンタを乗る親は見ない。ただ街を走っていると時々若い主婦の方が乗っているのを目にする程度である。
老人層は比較的ちらほら見かける。とにかく小回りが利いてそれでいて車内が広々しているから使い勝手が良い。また、デイサービスの送迎車としてもよく利用されている。

つまり、シエンタは「デザインで選ばれているわけではない」のである。

トヨタが今後取り組むべきこと

是非ともトヨタのデザイン部門にこの声が届いてほしい。
まずABテストなるものがちゃんと行えているのかどうか。そしてそれをホームページやツイッターを使い

Aデザイン、Bデザイン、どちらも好き、どちらもきらい

といった世間の意見を先に取り入れていけばいい。
いくら車内が快適であろうと、走りがスムーズであろうと、安全性が世界トップであろうと、デザイン一つで買う気はなくなってしまうのである。
それをプリウスとエスティマで経験したはずである。どうか「涙目」デザインをやめ、上品なデザインを作り続けてほしいものだ。

ちなみにスープラもリアの涙目デザインが大変残念であると筆者は感じている。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。