Welcartで関連商品を同一カテゴリから3つランダムに組み込む(備忘録)

WEB

Welcartで関連商品を表示させる方法として、同一カテゴリから表示するパターンとタグで分けて表示するパターンとがあります。
どちらがいいというよりは、それぞれのショップの用途によるので一概ではないですが
「カテゴリ」で関連商品を関連付ける場合、商品数が多くなるにつれカテゴリの数を増やさなければならないので商品数が多いサイトには向かないです。
ただ逆に商品数が少ない場合には、カテゴリ数も絞られてくるため、手動でタグ付けするよりも商品登録は簡単になります。
また「タグ」で関連商品を関連付ける場合、カテゴリと違ってWelcatの機能上タグは必須ではないので、タグ付けを忘れてしまうと「関連商品」が表示されなくなってしまいます。
ただ、やはり商品数が多い場合にはカテゴリではなくタグで振り分けておいた方が管理がしやすいです。

今回はカテゴリでの関連付けのコードをメモで残しておきます。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。